医者に関する情報が満載!

医者の事をもっと知ろう

家族で罹りつけの医者を持つ

だれでも健康で長く生きたいと思います。
そのためには、食生活に気を付けたり、規則正し生活を心がけることが必要ですが、どんなに体に気を付けていても、予期せぬ病気になることもあります。
そのためにも、病気を早期にみつけていくことが必要になってきます。
そのためにも、家族で罹りつけの医者をもっているということが必要です、なぜなら同じ病院で自分の健康診断をしたほうが数値の履歴がその病院に残ります。
また、体調が悪いときに同じ医者にかかることによって、自分の体の変化をより早く気づいてもらったり、相談することができるからです。
体調によっていろいろな医者にかかるより、なるべく同じ医者に掛かり症状によって別の医師を紹介してもらうようにしたほうがいいのです。
とくに高齢になって認知症の症状がでるときは、初期段階にどの程度気が付くかによって認知症の症状を遅らせることができるようです。
これも罹りつけの医者に見てもらうほうが、いままでとなにかが違うことに気が付きやすいとも言えるのです。
またいろいろな薬を飲みすぎないということでも、罹りつけを持つことが大切と言えます。
自分の健康は自分で守るしかないですが、それには家族で罹りつけをもつほうがいです。

風邪をひいた時に医者は必要か

  風邪をひいた時に、直ぐに医者に通われる方というのは驚く程多いといった印象を受けます。
事実、風邪をひいて直ぐに病院に行くといった国は、日本が最も多く、次いでアメリカと続きます。
他のアジア諸国はおろか、西欧諸国についても、風邪をひいてすぐに病院に行くといったことはないそうです。
では、何故、日本人はそれ程医者好きなのでしょうか。
  実は、風邪をひいてすぐに医者に行って診てもらっても、診療報酬の殆どは、医療保険が賄ってくれるお蔭で、そう高い金額を請求されずに済むといった背景があります。
これが他の国などでは、こういった医療保険等はありません。
アメリカでは、良く健康のためにマラソンをしたり、体力づくりに励む方々を多く見かけますが、これは、風邪をこじらせて酷い病気になった場合、殆どの医療費を自腹で賄わなければならず、その金額たるや天文学的になるためです。
アメリカ等でジョギング等が流行っているのは、病院に行かないためといった後ろ向きな理由の方が多いのです。
  日本では、直ぐに病院に行きますが、当の医者は実は薬も飲まず注射もしない場合が多いのです。
それは、薬も注射も根本的な治療では無く、単なる対処療法でしか無いことを知っているためです。
余りに病院に通い過ぎるのも考え物です。

おすすめWEBサイト

賃貸事務所 東京
http://www.zero-office.biz/
オーダー家具を大阪で買う
http://www.kanmuryou.co/
渋谷 ネイルサロン
http://www.shibuyacorazon.com/
広島市で工務店をお探しなら
http://www.ntecj.co.jp/
骨董品 買取 名古屋市
http://www.r88.jp/
留袖 レンタル
https://kyoto-tomesode.jp/
多摩での壁紙張替なら
http://www.sigen-recycle.com/

最終更新日:2016/11/18

COPYRIGHT(C) 医者の事をもっと知ろう ALL RIGHT RESERVED